大人ニキビの基本的な情報や治し方を分かりやすく解説しています。

menu

大人ニキビの治し方

特にやっかいな凸凹状のニキビ跡!どうすれば治る?

5f57836044f8246af9806045fedca928_s

凹凸のあるニキビ跡にはどう対処する?

膿を伴うニキビができた後には、そのニキビが陥没し凸凹としたニキビ跡が残る場合があります。
赤ニキビからさらに症状が進み、黄色ニキビや紫ニキビになると、そういったクレーター状のニキビ跡ができることが多いです。
どうしてそのような凸凹としたニキビ跡ができるかというと、それにはコラーゲンのある働きが関係しています。
ニキビの症状が進むと、皮膚の真皮層にまで影響が及んでいきますが、そうなった場合にコラーゲンは真皮のダメージを回復しようと体内で大量生産されます。
異常なほど増えた大量のコラーゲンを瘢痕(はんこん)組織と言いますが、この組織が増えていくと凸凹としたニキビ跡へとつながりやすくなります。

凸凹状のニキビ跡は基本的には皮膚科でケアを

赤みのあるニキビ跡などとは違い、凸凹としたニキビ跡はセルフケアでは治すのが難しくなります。
このため基本的には皮膚科でレーザー治療を受けることになりますが、その際に使われるレーザーとしては「フラクショナルCO2レーザー」が一般的です。
このレーザーを使って、凸凹の凸の部分にごく小さな傷をつけます。
その傷が治る際に発揮される皮膚の再生力を利用し、凹の部分が修復するのを期待するというのが治療の目的となります。
このように、凸凹としたニキビ跡に対するレーザー治療では、皮膚に少なからず傷をつけることになるため、その際にニキビによる炎症を抱えていたり、あるいは敏感肌だったりする場合にはこの治療方法は推奨されません。
ただ、こうしたニキビ跡の治療は外科的治療ばかりではないですから、レーザー治療が推奨されない場合でも諦める必要はないのです。

ゆっくりと焦らずに肌のターンオーバーを整える

一見、外科的治療をしなければ治らないように思える凸凹状のニキビ跡も、肌のターンオーバーを正常化させることによって治癒を期待できる場合があります。
そのためにはまず、肌が持つバリア機能を高めていくということが重要です。
バリア機能の向上には、保湿ケアがとにかく大切です。
ですがそんなケアによる効果を邪魔してしまうのが、男性ホルモンの活発な働きです。
男性ホルモンには角質層を乾燥させてしまうという特徴があるので、その過剰な分泌を抑制するために、ホルモン治療が行われることもあります。
保湿ケアに加えホルモン治療を行っていくことで肌のバリア機能が高まり、やがて肌のターンオーバーも整っていくのです。
時間はかかるかもしれませんが、こうしたアプローチでも凸凹状のニキビ跡を治療することは可能になります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年7月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31