大人ニキビの基本的な情報や治し方を分かりやすく解説しています。

menu

大人ニキビの治し方

頑固なニキビ跡にぴったりなケアとは?

29b5d36019178da3dda0074e846df431_s

治りにくいと言われるニキビ跡、どうすればキレイになる?

ニキビそのものもお肌の悩みの代表格ですが、それと同等、もしくはそれ以上にお肌の悩みになりえるのが「ニキビ跡」です。
せっかくニキビの炎症が引いたと思ったのに、ニキビのあった部分に赤みが残ってしまっているとなると、どうしてもそれが気になってきてしまいます。
赤みのあるニキビ跡の場合、それがいずれシミのようになってしまうこともあります。
ニキビ跡が色素沈着になるのを防ぐためのニキビケアでは「ハイドロキノン」が使われることが多いです。
これは「肌の漂白剤」という異名もある成分で、そんなちょっと過激な異名の通り、ニキビ跡のケアとして効果的な一方で刺激が強かったり痒みが出る場合があったりというデメリットもあります。

皮膚科でも処方されるハイドロキノン

その優れた効果から、ハイドロキノンは皮膚科でのシミ治療などでも用いられる場合があります。
また、そのように強力な一面を持つハイドロキノンですが、市販の美白化粧品にも配合されている場合があるというのも特徴的です。
ハイドロキノンを使ったニキビ跡ケアをする場合は、ニキビ跡が気になる部分以外にはハイドロキノンを塗布しないようにすることや、ハイドロキノン使用中には普段以上に紫外線対策を徹底するといったことに注意していく必要があります。
このほかにも注意点は存在しますので、ハイドロキノン配合の基礎化粧品を使う際にはパッケージに記載された注意事項に目を通してから使用するようにしてくださいね。

ハイドロキノンには少し抵抗があるなら

ハイドロキノンに対して「できれば使いたくない」と思っている方も少なくないかもしれません。
そういった方には、ビタミンC誘導体配合の基礎化粧品や美白成分であるダーマホワイトが使われた基礎化粧品などがオススメです。
ダーマホワイトは、ハイドロキノンと比べると美白効果は弱い部分がありますが、その分肌への負担が少ないというメリットがありますので、優しくニキビ跡のケアを行っていくことができます。

赤みのあるニキビ跡ができた場合には、早い段階からビタミンC誘導体配合の化粧水などで抗酸化ケアをし、なおかつハイドロキノンやダーマホワイトなどの美白成分配合の基礎化粧品で美白ケアを行っていくということが重要になります。
ニキビによってシミのような跡ができてしまうのはできれば避けたいことなので、このような適切なニキビ跡のケアを是非とも行っていきましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年7月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31