大人ニキビの基本的な情報や治し方を分かりやすく解説しています。

menu

大人ニキビの治し方

ニキビの原因を詳しくチェック!

まずはニキビの原因を知ることから

ニキビを解消するためのケアをスタートさせる前には、まずはその原因について知っていくことが大切です。

ニキビができる原因としては、「過度な精神的ストレス」「偏った食生活」「睡眠不足」「便秘」「紫外線」などがあります。そして、これら原因のうち、いくつかの原因が重なり合ってニキビが発生するケースも少なくありません。

だからこそ、自分自身で考えているだけではニキビの原因を特定することは意外と難しいのです。

しかし、「もしかしたらこれが原因かも?」と目星をつけることができるだけでも、ニキビケアにはきっといい影響を与えてくれるでしょう。

ニキビができているとき、肌はどうなっている?

冒頭で紹介した原因によりニキビができているとき、肌は以下のような状態になっています。

  • 皮脂の過剰な分泌
  • 毛穴の詰まり
  • アクネ菌の増殖

まず皮脂の過剰な分泌についてですが、これには男性ホルモンの活発な分泌や、男性ホルモンと女性ホルモンとのバランスが乱れるといった原因が関係します。

皮脂は決して不要なものではないですが、それが増えすぎてしまうとニキビの原因になりえるのです。

そして毛穴の詰まりの場合、原因のひとつには「肌のターンオーバーの乱れ」が挙げられます。

それによって本来なら一定周期ではがれ落ちるはずの角層が毛穴の出口の部分に溜まってしまい、それが毛穴の詰まりへとつながってしまいます。

次にアクネ菌についてですが、このアクネ菌というのはどなたの肌にも潜んでいる常在菌です。

しかし、皮脂の過剰分泌や毛穴の詰まりという条件が重なり合うことで、アクネ菌が増殖してしまいます。

このアクネ菌の増殖というのは、ニキビの炎症、赤ニキビを招く要因となります。

思春期にニキビができやすいのはナゼ?

思春期の男女の悩みとして「ニキビ」はよく挙げられるものですが、思春期というのは男性ホルモンが活発に分泌しやすく、それによって皮脂の過剰分泌が引き起こされます。

男性ホルモンというのは、男性にしか分泌しないわけではありませんから、男性ホルモンの影響を受けるのは男性だけとは限りません。

また思春期ニキビとしては「成長ホルモン」も関係してきます。思春期には、心だけではなく体にも変化が訪れますが、その体の変化には成長ホルモンが大きく関わります。

ニキビのメカニズムに関係する皮脂腺は、この成長ホルモンを刺激として受け取ってしまいます。

すると皮脂腺はその性質上、刺激を受けた後には皮脂を分泌してしまうのです。

これによって、思春期には皮脂腺の分泌が活発化し、ニキビができやすくなるというわけです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年10月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031