大人ニキビの基本的な情報や治し方を分かりやすく解説しています。

menu

大人ニキビの治し方

ニキビケアで気になる乳液と美容液の存在

e724b3df601024399efef938540c84d0_s

ニキビ肌には乳液はNG?

ニキビ肌にとって油分を含む基礎化粧品はできるだけ避けたほうがいいという考え方があるので、そうなると「ニキビ肌には乳液は使わないほうがいいの?」という疑問も出てきます。
乳液には水分と油分が使われており、それらを混ぜる目的で界面活性剤も含まれています。
界面活性剤というと、「肌に悪い」というイメージが強いのですが、界面活性剤と一口に言ってもその種類はいくつかあり、乳液に使用される界面活性剤の場合は洗浄力はそれほど強くありません。
ですから乳液に含まれる界面活性剤によって肌のバリア機能がダメージを受けるという心配は少ないでしょう。
しかし、乳液の使用によってニキビが悪化する場合もあるものです。

オイリー肌の方は乳液の使用は控えたほうがいいかも

油分は肌にとっては必要なものですが、乳液などから与えられる油分が多くなってしまうと、それが毛穴の詰まりを引き起こすおそれがあります。
それに心当たりがある方やオイリー肌の方、思春期ニキビで悩んでいる方の場合は、乳液の使用は控えたほうが安心です。
乳液を使わないスキンケアもあるわけですので、油分が気になる方はそういったスキンケアへと切り替えていくといいのではないでしょうか。
ただその一方で、乾燥肌によるニキビでお悩みの方は、乳液を使ったほうがいいこともあります
乾燥肌への対策は、ニキビケアというよりもスキンケアの基礎となるので、その部分をまずはしっかりとケアをして肌の保湿力を高めていきましょう。

ニキビ肌に合う美容液の特徴とは

スキンケアに使われる基礎化粧品として、「美容液」も定番のアイテムです。
肌に与えた保湿成分にフタをするというと、乳液やクリームを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、美容液にもそういった役割があります。
化粧水をつけることで得られた潤いを持続させるために使う美容液ですが、ニキビケアをする場合には、ニキビ肌に合う化粧水と同様に「ビタミンC誘導体」にはまず注目したいですし、そのほかにも「セラミド」「ドクダミエキス」「オウゴンエキス」といった成分にも注目です。
ドクダミエキスには殺菌作用や抗炎症作用などがあり、オウゴンエキスには抗炎症作用や皮脂分泌を抑制する働きがあります。
これら成分に注目していくことで、ニキビケアにぴったりな美容液を選ぶことができるでしょう。

ニキビケアをするからと言って、必ずしも以前使っていた基礎化粧品を替えなくてはならないわけではないですが、今の基礎化粧品では効果的なニキビケアができないと感じれば、新しい基礎化粧品を選んでいくことも大切になってくるかもしれません。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年3月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031