大人ニキビの基本的な情報や治し方を分かりやすく解説しています。

menu

大人ニキビの治し方

ニキビケアにぴったりな化粧水の特徴って?

4853608381c380badb597b6fa5648cf8_s

ニキビケアとして有効な化粧水を選ぶポイント

スキンケアとして欠かせないアイテムと言えば化粧水です。
当然ニキビケアにとっても、化粧水は必要になります。
しかし、化粧水と一口に言っても種類はさまざまですし、使われている成分も化粧水によって違います。
ニキビケアのために新しい化粧水を試すの際には「消炎効果」「ビタミンC配合」「オイル不使用」「アルコール不使用」という部分に注目をしていくといいでしょう。
ニキビができたときは、なるべく炎症を抑えていきたいので、消炎効果のある成分にはやはり注目したいところです。
その消炎効果を持つ成分には「グリチルリチン酸ジカリウム」「サリチル酸」などがあります。
グリチルリチン酸ジカリウムは甘草由来の成分で、低刺激という特徴があるため、敏感肌だという方はサリチル酸配合の化粧水よりはグリチルリチン酸ジカリウム配合の化粧水を選んだほうがいいでしょう。

ビタミンCについて改めて知ろう

ビタミンCと言えば、美容や健康にいい成分としては定番です。
ニキビケアのためには、ビタミンCはビタミンCでも、「ビタミンC誘導体」が使われているものを選ぶことをオススメします。
ビタミンC誘導体は通常のビタミンCに比べて肌への浸透率が優れているため、その効果をより実感しやすくなります。
ビタミンC誘導体ということがアピールされている化粧水も少なくないので、そういった化粧水であれば選びやすいですが、すべてはそうだとは限りません。
その場合、成分欄をチェックし「リン酸アスコルビル」「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」という成分名が書かれていないかをチェックしてみましょう。
それらはビタミンC誘導体を示しているものなので、そういった表記があればその化粧水にはビタミンC誘導体が使われていることになります。

オイルはニキビで悩む方にとっては要注意な存在

ここ最近は「オイル美容」が取り上げられる機会も増えているため、オイル美容に注目している方も多いかもしれません。
しかしニキビケアをしようという方にとっては、オイルは好ましい存在ではなくなります。
オイルはアクネ菌の栄養源になるので、ニキビができやすくなる場合があるのです。
そしてアルコールに関しては、皮膚の乾燥へとつながるおそれがあるので、これもニキビケアの足を引っ張りかねない要因になってしまいます。
こういった理由があるので、できればオイル不使用・アルコール不使用の化粧水を選ぶのが理想的です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年5月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031