大人ニキビの基本的な情報や治し方を分かりやすく解説しています。

menu

大人ニキビの治し方

白や黒に赤や黄!そんなニキビの色が教えてくれるサインって?

ニキビはどんな風に進行していく?

ニキビは状態によってその見た目が変化します。

まず、ニキビとして視認できる以前の状態ですが、これを「微小面ぽう」と言います。微小面ぽうが生じている状態では、すでに毛穴の詰まりが起き始めています。

微小面ぽうの次の段階が、「白ニキビ」になります。白ニキビができるようになると、毛穴の内部ではアクネ菌の増殖が始まっています。

白ニキビの場合は視認できるのですが、白い点のような状態だとじっくりと見なければわからないことがあります。

白ニキビの次は「黒ニキビ」へと変化します。

毛穴の詰まりが限界に達すると、自然と毛穴が開き、その際に毛穴に詰まった皮脂が空気へと触れます。それによる酸化でニキビが黒くなっていくのです。

ニキビに炎症が起きるとどうなる?

上記で紹介した微小面ぽう・白ニキビ・黒ニキビというのは、どれも炎症が起きる前の状態です。

その状態がさらに悪化し、炎症が起きると、ニキビはさらに変化していきます。

炎症が起きると、まずは「赤ニキビ」へと変化します。その赤ニキビの状態が悪化すると、今度は膿を伴う「黄ニキビ」になります。膿の色が黄色なため、ニキビも黄色くなるのです。

黄ニキビにまで状態が悪化すると、皮膚の真皮層にまで影響が及ぶことがあるので、そうなるともしニキビがよくなったとしても、その部分がクレーター状になったりニキビ跡ができたりというケースも多くなります。

黄ニキビよりもニキビ跡が心配なのは?

黄ニキビと同様、膿を伴うニキビとして「紫ニキビ」があります。

ただ紫ニキビの場合は、膿だけではなく血液も混じり合ったものが皮膚表面へと出てきている状態です。

また紫ニキビには「しこり」が生じるため、紫ニキビに触れるとゴリっとした感触があります。そして黄ニキビに比べると、紫ニキビのほうが高確率でニキビ跡が生じるという点も見過ごせません。

ニキビ跡になると、また別のお肌の悩みがでてきてしまうわけなので、なるべくニキビ跡を作らないようにニキビケアをしていくことが大切です。

これらを踏まえて言えるのは、「ニキビができた場合は炎症が起きる前に適切なケアをしていくことが重要」ということです。

ニキビができることが当たり前のようになっていて、ニキビができたとしても「またか」という程度にしか捉えていない方もいるかもしれません。しかしニキビと向き合っていくためには、白ニキビができたらそれが赤ニキビへと変化する前に手を打っていくようにしなければなりません。

ニキビの予防なども大切なことではありますが、ニキビができた後のアクションもニキビケアとしては重要になってきます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年10月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031